山行記

高尾山での登山はカオス

高尾山山頂

いや~自粛期間も長くなれば身体もなまってくるので、県外移動せずに高尾山でもっぱらの憂さ晴らしと体力増強を毎週のようにしております。

まぁ低山には低山の楽しみ方があるので良しとします。

本当は「雪山行きたぁぁぁぁ~い!!」

前にも記事にしましたが、高尾山はカオスですなぁ~いつ行っても(笑)と言いつつ山爺も85Lザックにピッケルとワカン付けて歩荷スタイルで登っているので、かなり変人扱いでしょうね(笑)嫁曰く、通りすがりの人が「あの人はどこに行くんだろうって?」って言っていたらしい。この日は声は声を掛けられる率が高かったです(雪山についてのご質問をたくさんいただきました)

前回の高尾山の記事はコチラ

今回のカオスな方々は以下の通りです。

稲荷山コースでみるカオスなハイカー(観光客?)

前回も記事にしましたが、本当に稲荷山コースはカオス(笑)まぁ、登山やハイキングの装備じゃなく登ってくるのには恐れ入りますが…今回も色々いましたよ~♪なのでご紹介!!(ディスりではないのであしからず)

ジェンダーレスな人

ちょいとおったまげでしたが、この方は「コスプレ」なのか「マツコ系」なのか判別はできずでした。しかも動画のライブ配信か動画撮影を自撮りしながら登ってきました。そしてその恰好は。。。

スカートだぞ~しかも結構なミニ!!

周りにいた人全ての度肝を抜いていましたね(笑)

またもやサンダルおじさん

このおじさんは稲荷山コースではないのですが、もみじ台の紅葉のスポットになってる東屋のある巻道で遭遇!

東屋で休憩していたのか、巻道から高尾山山頂直下の分岐に向っている最中に出くわしました。ズボンはかなり色焼けしてしまっている、どちらかと言えば紳士ズボンでした上は山用とも言えないシャツに20Lほどのザックで…

なんと足元を見ると「百均サンダル」!!

ていうかそのサンダルで高尾山山頂にきてもみじ台から城山(小仏)まで向かうのかぁ~い!(驚)

ビジネスYシャツにスラックスにスニーカー

この方は稲荷山の展望台あたりで遭遇!

もしこの方がビジネスバッグを持っていたら、完全なビジネスマンになっていたでしょう(笑)SADAの社長もびっくりですね♪スニーカーは履いていたので良しです!!

赤ずきんちゃんばりの真っ赤なコート

え~と、この勝手に通称「赤ずきんおばさん」と呼ばせてもらいますが、山爺が下山中なので13時前後だと思います。

下から何やら赤い人物が上がってきます!よーく見ると赤ずきんちゃんもびっくり!真っ赤なダッフルコートをきたおばさんでした(笑)しかもご丁寧に前ボタンは留まっています♪

この日は気温が20℃超えると言われていた日です、登山中に山爺はほぼベースレイヤーのみで行動していた日ですよ!!

そんなに着込むと「熱中症」になりまっせ(笑)

ここは雪山か?モフモフのダウンで登る人

さぁ、これまはた摩訶不思議な方でしたね~??

上記の赤ずきんちゃんおばさんも凄いと思ったのもつかの間、なんと男性で年のころにしたら30代後半か40代前半!

この気温でなぜ「ダウン着込んで全集中」???寒がり?汗かかない体質?

いや~不思議を通り越して、すげぇ~よ貴方!!

まとめ

と、まぁいつもの事ながら高尾山系のハイクはいつも笑わせてくれます。

ちょっと高尾山でも登ってみるか~的な方々にカオス要素が出てくるんですが、これも高尾山の名物だと思って最近は見ています(笑)

くれぐれもケガと事故にだけは合わないでほしいものですが!!

あと少しで緊急事態宣言も終わるはず?なので宣言終わったら残り少ない雪山にGoです♪一番の厳冬期が行けずに少々残雪期へ突入しそうな天候が続いていますが、雪のあるところへダイブします(笑)

雪山シーズンはまだあるので県外移動ができるようになったら皆様も安全に雪山を大手を振って楽しみましょう♪

ではでは。

ぽちっと応援お願いいたします。

-山行記

© 2021 Out Door Base