ギア・その他

雪山登山の装備っていくらかかるの?

本格的な雪山をするようになって、次から次へとギアが増えていってます(笑)。山爺、はたと気づきました!いったいいくらギアにお金使ったのかしら?

これから雪山山行をする方の為と、備忘のために書き出してみたいと思います。

そうそう、登山全般に言える事なんですけど、よく人から『登山ってお金かからないですよね~』って言われますが、全くもって違います!

って言うか、すげぇ~お金かかりますよ、最初に揃える時は特にね!

実は、山爺来期の雪山シーズンを見据えて、少しづつ必要なギア・アイテムをそろえ始めています。と言うのも雪山テント泊を来シーズンから始めるんです。なので、雪山テント泊のことも踏まえて書きますので是非参考に!

雪山登山装備一式

夏山と被るアイテムやギアは除きますのでご了承下さい。山爺が最初に雪山を始めるにあたって購入したものなので、人によってはこれもあれも追加しなきゃいけないってなるかもしれません。

・冬靴 ¥50,000
・アイゼン ¥18,000
・ピッケル ¥12,000
・ゲイター ¥10,000
・オーバーパンツ ¥30,000
・オーバーグローブ ¥5,000
・ウール手袋 ¥3,000
・インナー手袋 ¥1,500
・インナーももひき ¥5,000
・バラクラバ ¥5,000
・ニットキャップ ¥3,000
・ゴーグル ¥25,000
・ワカン ¥10,000

驚き!!税抜きざっくりですが総額【¥177,500-】

いや~お金かかりますね~(笑)。ここには書いてないけど、保温マグやらピッケルカバーやら、替え手袋もう一式やらで、多分¥200,000くらいはいってるんだろうなぁ。

そうなんです、実は雪山始めるのって結構なお金かかっちゃうんです!

持っていない人は、上記にプラスしてヘルメット・厚手のシェルジャケット・厚手のフリース・ダウンとかも揃えなきゃいけないですよね~。

でも、これって一気に買うから大変なので1年計画で少しずつ揃えていって、雪山シーズンに突入みたいなスケジュールを立てた方が金銭的には痛くないですよ^^、山爺も1年がかりで揃えました!

あとは、シーズン終わりのセールや年初めsaleもあるし、ポイントとかも使ってうまく購入してください。山爺は1年がかりの購入計画だったので、定価で買ったのは一握り、だいたいsaleか廃盤で50%OFFとかでうまいこと買っています。

雪山登山テント泊

来シーズンの雪山テント泊に向けて、準備を始めていますが、これがまた高いぃぃぃぃ!!次のアイテムがそうです。

・厳冬期用シュラフ ¥60,000
・シュラフカバー ¥20,000
・テント一式 ¥60,000
・ダウンパンツ ¥20,000
・スノーシャベル ¥5,000
・フロアーマット ¥25,000

はい、ざっと見積もって【¥190,000-】って、高ぇ~(笑)。実は3シーズンのテント(NEMOタニ2P)はありますが、冬用のフライはNEMOには無いんです。

なので、思い切ってテント買いました。多分みなさん既にご存知かとは思いますが、モンベルのステラリッジが2019年2月15日から新製品としてモデルチェンジしていたので、山爺は一世代前のステラリッジ3型をアウトレット価格で、本体+フライ+スノーフライ+グランドシートを一気に大人買いしました。

一気に買ったのには理由があります、モンベルさんはモデルチェンジした後は旧モデルの在庫限りになり、モデルチェンジ後のアイテムとは互換性が無くなるんです(驚)。ですので、例えば、新モデルのフライシートは旧モデルには付きませんとか、スノーフライも共用できないんです!

雪山限定の使用ってわけではないけど、居住性重視とお値段でモンベルステラリッジ3型を買いました。もちろん今後フライシートが壊れたら新しくフライシートだけを買う事は出来ないので、修理につぐ修理で使っていきます。

テント以外は、今後少しずつ購入予定です!タイミングを見計らって買っていくしかないですね今回も^^。

モンベルテント考察

ちょっと本題からそれますが、みなさんはモンベルのテントってどう思いますか?多分、似たような答えが返ってくるかと思うけど、山爺は総合的に言って及第点はあげても良いと思うけど・・・どんだけ上から目線なんですか(笑)。

良い点
・コスパは良い
・軽い
・テント泊ブームを広めた一端はある
・ユーザービリティはある(一部)

良い点としては、他のテントメーカーから比べると安いですよね!それから割と重量も軽いし、ポールスリーブエンドのギミックとか頑張ってるなって思います。あれなら初心者でも直感的に設営できると思います。NEMOを使っている身としては、スリーブ式でスリーブエンドの作り込みとかは便利だなぁ~と思っちゃう!NEMOは吊り下げ式ではあるけど、ポールエンドはプラスチックパーツにポールをはめ込むタイプだから、強度や壊れが心配!

悪い点
・色のセンスがイマイチ
・技術革新が遅い(新型は吊り下げ)
・『売り切りご免』の売上至上主義なの?

悪い点は、買っておいて言うのは何なんだけど、まず色彩センスは・・・・(笑)。もうこれ以上デザインや色では言いませんが、『売り切りご免』的な販売方法ってどうなんでしょうかね?旧モデルと新モデルの互換性ないって・・・吊り下げかスリーブ式の違いだけの同じテントですよ!(特に前モデルと前々モデルも互換は一切なし)

しかも、商品名も同じステラリッジって(驚)。

車だって、販売から製造中止になっても在庫や互換品は5~6年はある。これって物作りのメーカーである以上は義務って思うのは山爺だけ?

2019年2月15日の直前で旧型のステラリッジのテント買ってしまった方の気持ちはどうなんでしょうね?もうちょっと、配慮があっても良いと思うし、新モデルの発表と発売の時期って何とかならなかったのかなぁ?

雪山装備まとめ

ほんと、雪山を始めるのってお金かかりますね。山爺も薄々は気付いていましたが、こんなにお金が掛かっていたとは(笑)。

でもでも、スキーとかにいって雪に覆われた山域をみると、『おぉ~、登ってみてぇ~!』ってなりませんか?

夏山として登ったことのある山も、同じ山とは思えないくらい別の景色が広がってるって、すっごい感動しますよ^^。

確かに、お金はかかるんだけど、無理せず少しずつ入手していけば遅くとも次の雪山シーズンには行けますので、是非、雪山に行ってみてくださいね!

ではでは

ぽちっと応援お願いいたします。

-ギア・その他

Copyright© Out Door Base , 2020 All Rights Reserved.